秦荘西小学校ハートフルコンサート 11/2

今日は秦荘西小学校で講演ライブをさせていただきました。

 

ハートフルコンサートと題して1年に1回行われているコンサートで僕のお姉ちゃんがPTA副会長を務めていることもあり、是非と声をかけていただきました。
Fotor_144644451059155

Fotor_144644439306650

子供たちも先生も保護者さんも、みなさん明るくて仲が良くて一緒に参加させて頂けて幸せです。ありがとうございます。

 

講演ライブの前の挨拶をお姉ちゃんがしてくれました。

 

お姉ちゃんに講師として紹介してもらうのはなんだか不思議な感じがします。

でも聞き慣れた声に緊張感が解けてリラックスして講演に望めました。

 

 

講演ライブが始まって一曲目から凄く盛り上がりました。

初めて生のバンド演奏を聞く子も多いと聞いていたのにみんな凄い(^^)

 

Fotor_144644480072652

Fotor_144644464973948

1446443699712
そしてお話が始まるとみんな真剣に耳を傾けてくれました。

本当にありがとう。

 

講演中、とても感心する出来事がありました。

 

雄介が不登校の頃のお話をしている時、特別学級のお友達がステージに上がってきました。

 

僕も典くんも小さな声で「こっちへおいで」と声をかけたのですが、それでもステージの上で遊び始めました。

 

 

子供たちがザワザワなると思っていました。

だけど子供たちはその様子を見ても一切同様せずに静かに雄介の話を聞いていてくれました。

 

その後先生に連れられてこの子はステージをおりました。

 

それだけのことですが、僕はとても感動しました。

後から先生にお話を聞くと普段から特別学級の子達とみんなは普段から仲良くしていて、

その子のことをみんなが理解しているからみんな同様しなかったそうです。

 

それを聞いて府に落ちることが沢山ありました。

 

僕らの講演ではハッターマンを呼んで体操するコーナーがあるのですが、

全校生徒でする場合は高学年の子達が”恥ずかしい”と身構えてしまってやってくれないこともあります。

きっとこれはごく普通のことです。

 

ですが、秦荘西小学校の子達はみんな恥ずかしげもなく一緒に体操してくれました。

最後のカウントダウンの時も学年関係なくみんな混ざってみんなで盛り上がりました。

 

僕は【みんなの学校】という映画を思い出しました。

みんなそれぞれ違い、色んな人がいることを体験で理解して、

それぞれが出来ることをやり出来ないことは支え合う。

障がいがあるとか問題があるとか関係ない。

それが普通。当たり前。

みんな違ってみんな良い。

 

この世界で一番大切なこと学ぶことができているならとても凄いと思います。

とても嬉しく思います。

 

そのままの思いやりを持って歩んでいってください。

 

本当に出逢ってくれてありがとう。

Fotor_144644444744254

 

 

史朗

 

 

JERRYBEANSへの講演等のお問い合せは

【お問い合わせ先】

〈Tel〉080-9750-4646

(10:00~17:00 平日のみ ※都合により出られない場合がございますので、その際は留守番電話にご用件をお話しください)

 

〈Mail〉

jerrybeans2010@gmail.com

 

 

 

 

 

 

You may also like...