弱い僕なりの生きる術

雄介です。


これは暗い話でもなんでもなく


僕の人生と感覚のお話です。




IMG_0011




僕は不登校になってから今まで




怒りに沸いたことがない




だからキレるということも


反抗期もなかった






幼い頃からの感覚




自分がもう一人いるような




その自分が怒りを収めてしまう


涙を止めてしまう


笑いを止めてしまう




怒鳴られていてもそこに自分がいないような




そんな感覚があった




でも僕からしたら


みんなが普通に喜怒哀楽を表に出せることが不思議で仕方なかった






これは不登校になる小学校5年生よりだいぶ昔に




思っていたこと




なぜか僕は自分の人生が
もうすでに負け組にある


そんな風に感じていた




その時の僕が思っていた勝ち組とは


心から笑って
心から泣ける人だった


だってそんな人達はみんな楽しそうだったから






でも後に
僕のこの感覚は
僕が生きるために必要だったんだと気づくことになる






不登校になってから
僕の環境は目まぐるしく変わっていった




だけど僕の心はそのどれにも追いつかないまま
いろんな事が起こった




15歳になった時
僕の家族は崩壊寸前だった




父の失踪


母と姉の鬱




みんな必死で
心は限界だった




だけど僕の心はそんな時でも全てを冷静に受け止めていた




むしろこんな事を思っていた


「みんな人生のバランスをとろうとしているんだ
 みんな僕と同じ弱い人間だったんだ」


と安心すらしている自分がいたのには驚いた






みんなが怒って
許さないなんて話している横で




僕は怒りなんてないから
許す 許さないなんて選択肢すら元々なかった






ただ僕は本当に辛そうな母や姉に生きていてほしかった


それだけだった






でも僕に出来ることはなにもなくて




そんな時僕はただ曲を創っていた




ただ生きてほしくて詩を書いた




すると不思議な事が起こった






無意識に書く詩の中に
僕の怒りや悲しみが入っていた






そうか
本当の僕はここにいたんだ






きっと全てを正面から受け止めていたら
僕は生きてはいられなかったから






これは弱い僕なりの生きる術だったんだ






そのことに気がついて
僕の心はすーっと軽くなった






不幸も幸せも心で決まると思う






いろんな事があったけれど


僕の家族は今凄く仲がいい




僕流に言うと
「今家族のバランスをとっている」と思う






僕はこの感覚で今まで沢山悩んだけど




今はこれで良かったと心から思っている






どんな心でも




奥の方ではきっと全て生きたくて


生きてほしくて動いてるんだ



You may also like...